マイカーゆえの困ったこととは

勤務時間も数時間程度のことが多く、服装も規定がない店がほとんどで、にもかかわらず時給換算をすると一般的なアルバイトよりも高い送迎ドライバーのお仕事。
とても魅力的な仕事に映るかもしれませんが、注意点やこの仕事ならではのデメリットもないわけではありません。

このお仕事は、基本的にマイカーを使用します。
ドライバー自身が車を持ち出し、そこにキャバクラ嬢を乗せて街を走らせるのです。
つまり、自分の所有車の中で酔っ払ったキャバ嬢の相手をしなければならないということ。
これが結構大変。

会話のキャッチボールも難しいところがあり、もしそこでキャバクラ嬢に嫌な思いをさせてしまったらスタッフに注意されるなどもありますが、それよりも大きなデメリットとなりそうなのが、車内で飲み食いしたあとの散らかしや汚れ、そしてタバコの焦げ跡などが残ってしまうリスクがある点です。

仕事とは言え自分の車にタバコの焦げ跡なんて最悪ですよね。
でも、送迎ドライバーをする以上は飲食や喫煙を断るのは難しいですから、ある程度の覚悟はしておく必要があるでしょう。

最悪なのが、車内で吐かれてしまうこと。
これも酔っ払ったキャバ嬢の相手をする上で覚悟しておかなければならないこと。

ここまで酷いのはあまりありませんけど、応募するからには可能性はゼロではないと認識しておかなければいけません。

勤務に関する注意点もあります

酔っ払ったキャバ嬢の相手も大変ですけど、勤務体制そのものに関する注意点もあります。

送迎ドライバーの多くはアルバイトです。
給与水準は他のアルバイトよりも高めであることは間違いありませんが、時給や日給が簡単に上がることのない仕事である点も覚えておきましょう。

そして、夜間の勤務となり、しかも深夜から朝方にかけての勤務となるので、このあたりもしっかりと頭に入れながらお店を選んでいかなければいけません。

土日は休めない、これも知っておいてください。
キャバクラの一部では土日が休みのお店もあるので、そのようなお店で働けば土日は休めないなんてことはありませんが、そもそも土日休みのお店を探すのが難しいですから、毎週末予定が詰まっている人は採用される可能性が低くなります。

副業としても人気の送迎ドライバー。
土日の出勤が必須となると月曜日からの本業に支障を来す人も出てくるかもしれません。
タフさに自信があるなら大丈夫でしょう。

しかし、本業を別に持つ多くの人にとってはデメリットとなることは間違いないので、その覚悟でこの仕事を始めるようにしてください。