平均日給6,000円の送迎ドライバー

送迎ドライバーもナイトワークですからね、そんなにお給料は安くはありません。
平均すると日給6,000円くらいです。

この額だけ見ると安いと感じる人もいるでしょう。
「どんな仕事でも1日働けば8,000円から1万円はもらえるぞ」などと主張する人もいるはず。
でも、キャバクラ嬢などを送るドライバーの仕事は、7時間とか8時間働くことはありません。
だいたい3時間とか4時間とか、その程度です。
それで6,000円なら高い方ではないでしょうか。

もっと高いお店もありますよ。
8,000円以上のところもありますし、7,000円くらいのお店だったら、かなり多く見つけることができるでしょう。
お給料が高いお店は働く時間が長い可能性もなくはありませんが、単純にそのお店が従業員に対しての待遇を良くしていることも考えられます。

送迎ドライバーの多くは日払い可。
これもキャバクラのお店ごとにルールは異なりますが、ニュークラブやキャバクラの店舗はキャストの女性にも日払いで対応していることが多いので、ドライバーにも融通を利かせてくれるでしょう。

求人を見れば「日払い可」などと記載されているはずですから、ちゃんとチェックしてから応募すれば間違いありません。
念のために面接でも尋ねておきたいですけどね。

より高いお給料を受け取るにはどうしたらいい?

送迎ドライバーを募集しているお店はあちらこちらにあります。
都市部であれば数え切れないほど見つけられるでしょう。
ただ、お店によって給料の額は違いますし、働く時間も異なります。

できるだけ稼ぎたいのであれば、求人同士をしっかりと比較しなければいけません。
比較をすれば、待遇がいいお店と悪いお店がだんだんわかってきます。

日給額が高いお店を見つけたら、ホールやキャッシャーなど他の職種の金額もチェック!
相場よりも高ければ、お店全体の待遇がいいと判断できますし、もし送迎ドライバーだけ高いのであれば実働時間が長い可能性も否定できません。

このお仕事はお給料が上がることはあるのか、この点も気になるところですが、当然お店ごとに対応は異なります。
ただ、どんどん日給が上がるような仕事ではないことは覚えておいてください。

何年も勤めている、キャストやスタッフからの信頼を得ている、そんなドライバーであれば上がるかもしれません。
もしくは「上げてください」と直談判し受け入れられればアップするでしょう。

面接の時に「お給料が上がることはあるのか」と堂々と聞いてみるのもいいですが、「上がりますよ」と言われて実際に上がるかどうかはわかりません。
基本的には最初に提示された金額で働くことになる、そう思っておくべきでしょう。