運転に関する禁止行為は何?

送迎ドライバーは、比較的自由度の高いお仕事です。
車はマイカーを使うのがほとんどなので、あまり小さいと困ってしまいますが、車種の指定が細かくされているわけではなく、服装を自由としているお店も非常に多い。

そして、出勤する曜日にも融通を利かせてくれるキャバクラ店が大半なので、これだけでも自由度の高さがわかります。

それでも、禁止行為が一切ないというわけではありません。
禁止行為という表現はちょっと厳しいかもしれませんが、運転に関して言えば荒い運転は絶対に厳禁です。
乗っているキャストの女性たちが不快に感じるような荒い運転では反感を買ってしまいます。
怪我をする危険も出てきてしまうので、丁寧な運転を心がけなければいけません。

道を間違えるのも禁止行為と言ってもいいでしょう。
これもキャバ嬢が不快に感じることの一つ。
家に帰る時間が遅くなってしまうわけですから当然です。

荒い運転も道を間違えるのもキャバ嬢に嫌われるNG行為ですが、これが給料ダウンや解雇につながる恐れがあることも認識しておいてください。
だからこそ、禁止行為であると少し厳しい表現をしているわけですね。

運転以外にもある!ドライバーの禁止行為

道を間違えるなどは、キャバ嬢に嫌われるNG行為の中でも運転に関するもの。
直接的に運転に関係しないけれどもキャバ嬢に嫌われるNG行為がいくつかあります。
仕事を始める前にそちらも覚えておきましょう。

キャバクラ嬢に対してプライベートなことを聞く、これも厳禁です。
中にはノリのいい女性もいるでしょう。
その姿を見るとついつい何を質問しても大丈夫そうに感じてしまいますが、プライベートなことを聞くことは禁止行為であり、内容によってはキャバ嬢に嫌われてしまいます。

そのキャバ嬢がお店のスタッフに告げ口をすれば、これも給料ダウンや解雇につながる恐れが出てきてしまうのです。

プライベートなことはもちろん、基本的に送迎ドライバーからキャバ嬢に対して質問を投げかけてはいけません。
黙って運転するのも送迎ドライバーの仕事のうちですし、女性に質問をされたらそれに答えるのが基本的なルール。
これは守るように心がけましょう。
もっと言えば、無視することも禁止行為であり、キャバ嬢に嫌われるNG行為となるので、聞かれたことにはしっかりと答えるようにしてください。

意外と面倒に感じるかもしれませんが、丁寧な運転やキャバ嬢への対応も含めてこの仕事を考えなければなりません。
「自分でもできそうだな」と思ったら、早速求人をチェックし始めてみましょう!